Renovation in the Park

Another construction project is underway at the park. This time, the area they are renovating is the centerpiece, the eye-catching part where you walk up to when entering the main entrance. They already took apart the rose garden, removed the palm trees, and destroyed the big round fountain. The new garden plan they posted on the fence shows a sleek and rather anticlimactic design. Again, the main feature is a fountain, but this one is rectangular, dark shaded, and I’m guessing it will have a bunch of sensors that trigger water to squirt up here and there. Perhaps the former one was outdated, but I’m not convinced that this new look is any better. If you look further to the west, you can spot several factory towers puffing out smoke from the other side of the canal. Back in the sixties, a large industrial complex was constructed by destroying the beautiful beach famous for its white sand and green pine trees since ancient times. Honestly, no fancy state-of-the-art fountain can make up for what has been destroyed.



公園の改装工事


公園でまた改装工事が始まりました。今回は、中央入り口からまっすぐに進んだところにある、公園の目ぬき部分の噴水とその周辺がターゲットです。あっという間に、バラの植え込みとヤシの木々、そして大きな丸い噴水がなくなりました。工事現場のフェンスにあった、簡単な予想図を拝見しましたが、正直あまりときめきませんでした。やはり中心には噴水があるのですが、今度は長方形の長細いもので暗い無機質な石が使われるようです。センサーにより水が線状に放射されるような、ありがちなものを連想させます。このたび取り壊されたものは、多少時代がかった感はありましたが、この新しいものもすぐ同じように感じてしまいそうです。工事現場の西には、運河の向こう側の工場の煙突が何本も見えます。実は六十年代に、海岸を埋め立てて工業地帯が建設されました。その今はなき海岸は、昔は白砂青松の地として親しまれ、万葉集にも登場するほど風光明媚であったようです。いくらテクノロジーを駆使して目新しい噴水を作ったところで、たかが知れていると思ってしまいます。


4 views0 comments

Recent Posts

See All