A leaf-like thing

“They sure did a sloppy job of putting together this leaf, hahaha,” was my initial reaction. But then I thought if the center part lined up more precisely, would it be more leaf-like? It probably would not make a difference. On the contrary, this flaw adds a strangely natural quality to it. Maybe all of the leaves manufactured in this factory are flawed one way or another. They could very well be consistent in their inconsistency. Technology allows me to live in a “better world” that is cleaner, safer, efficient, and more convenient. But this introduces a stronger sense of overall control with less wiggle room. This leaf-like thing reminded me of the inevitable flaws of being human and the need to embrace and even enjoy our imperfections.

葉っぱのようなもの


ずれたプラスチック製の主脈を見て最初は「また、大胆にはずしたねえ」(苦笑)。と言う反応の私でしたが、見ているといろいろな問いや思いが湧いてきました。仮にもっと丁寧に作られていたならより葉らしく見えたでしょうか?きっと変わらないと思われます。意外にもこのいびつさが自然な雰囲気を醸し出しているようにも見えてきました。同じ工場で作られたこれらの葉もどきは、どれも少しずつ欠陥があるに違いない。この工場は確実に不確実なものを量産し続けているのではと想像すると愉快でもあります。これからますます清潔で安全で便利な世の中へと向かう気配がしますが、それは同時に管理され統制の取れた窮屈な世界を連想させます。自分を筆頭に人は本来欠点だらけの生き物です。それを楽しむくらいの余裕があるのが心地よいのではと、この葉っぱのようなものを眺めながら思いました。

5 views0 comments

Recent Posts

See All